売却OKとNGの場合があります。

契約の切れたポケットWi-Fiをどうしていますか?

ポケットWi-Fiの場合、固定の光回線の「モデム」のようにレンタル品ではなく、自分で「購入」した商品になるため、販売者側に返送する必要がありません。

SIMカードを抜き、「白ロム」という状態にして、新たに別のSIMカードを入れて再利用できる場合は、良いですが、ポケットWi-Fiの場合、「白ロム化」できない端末も多いので、このような場合は売ってしまうと良いでしょう。

但し、売れる場所とそうでない場所があります。

基本的に家電やPCなどを総合的に取り扱っている「ブックオフ」などでは売却すること出来ず、ポケットWi-Fiを専門に扱っている、専門店では売却が可能になっています。

どんな端末でも売れるの?

専門店に行けば、一般的にはどんな端末でも売ることが出来ます。

但し、少しでも高価に売るためにはちょっとした秘訣がいります。

それは「外箱」「袋」「説明書」「保証書」などの備品をすべて取っておくことです。

このような備品がすべて揃っていて、尚且つ、端末に傷が少ないと高く売れる傾向があります。

もちろん、端末の販売時期も大きく左右しますが、備品はとっておくと良いでしょう。

概ね比較的新しい端末で、備品がすべて揃っていると、5,000円前後で売ることが可能です。

その反面、備品が揃わず、さらに古い商品だと、300〜500円ということもあるので、あまり期待しない方が良いでしょう。

今の時代、ネットオークションで売却することもできます

ヤフオクや楽天オークションなどでも、モバイルルーターを売却することができます。

利用者が多いので、あまり高値では売れませんが、白ロム化できない端末であっても、「予備」として購入する人がいるので、出品する価値はあります。

売却の方法はたくさんありますが、1つ言えることは、しっかりと、備品をとっておき、さらに、端末自体をキレイに使っておくことが大切になるということです。



to TOP