WiMAXが提供する高速通信のモードです。

人気を集めるWiMAXですが、その背景には多彩な通信プランがあるんです。

たとえば、ネットワーク回線も2つあります。

  • WiMAX回線
  • WiMAX2+回線

この2つがあるんです。

WiMAX回線は、通信速度は13.3Mbpsとそこまで早くないのですが、対応エリアが広いのが魅力的です。

その点、WiMAX2+回線は、上記のWiMAX回線の上位回線、つまり、次世代の回線として、現在主流になっており、平均して、40Mbpsを超える高速通信を行うことができるのです。

また、WiMAXには、様々な通信モードがあり、それぞれに対応エリアや速度に差があります。

今回のテーマとなっている「ハイスピードモード」はWiMAX2+回線を使った通信モードになります。

ハイスピードモードってどんなモードなの?

WiMAXの最新端末WX03では、下りの速度(ダウンロード)が最大で440Mbpsと業界屈指の速度をみせています。

これは、ベストエフォート値と呼ばれる、「企業側がここまでの速度が出るように最大限努力します」という値なのですが、それでも、440Mbpsは異次元の速度です。

WiMAX以外のキャリアの場合、平均の通信速度が20Mbps〜30Mbpsなのですが、WiMAXは平均して40Mbpsの速度が出るので、とにかく高速通信で、サクサクと作業を進めたい方にはお勧めのキャリアになっています。

さて、ハイスピードですが、これはWiMAX2+回線を使った通信モードになります。

対応するエリアが、まだまだ狭く、都心部や中核市に限定されますが、超高速通信が可能な通信モードになっています。

ギガ放題に加入すれば、もっとお得に

「ギガ放題」というプランを知っていますか?

これはWiMAXが提供する、月々のデータ量が無制限になるプランです。

もちろん、ハイスピードモードと併用しても使えます。

つまり、超高速通信を、データ量を気にすることなく使うことが出来るのです。(※回線混雑を避けるため3日で3GB以上使った場合は制限アリ)

ハイスピードモードを使えば、動画もゲームももっと快適に楽しめます。

WiMAXのハイスピードモードとは未知なる可能性を秘めた、ありがたい通信モードなのです。



to TOP